2015年01月29日

本日(1/29)は当社の創立記念日

1986年1月29日は当社の法人登記した日でもある。

ソフト開発技術者であった私(中嶋)が無謀を承知で、勢いのみで立ち上げたのが
今のパイオネット・ソフト株式会社。
設立当時、私は大手コンピュータメーカN社の通信ボードに載るソフトをCPLという
言語で来る日も来る日も書き上げていました。
1つの通信ソフト(今で言う1スレッドとか1プロセス)を書き上げ動作確認し終え
るまでに最低3ヶ月、長くて1年くらいかけていたのです。
ときには残業・休出・徹夜もあったけれど、概してのどかにマイペースで開発できた
時代でもありました。 今のスピード優先の開発、それでいて品質や性能確保が求め
られるのとはずいぶんと違い、時代の隔世を感じます。

IT業界の今年のキーワードの1つはIOT。
センサーや無人端末とクラウドが高速無線や高速インターネットを介して大量データ
を処理し即座に気象・交通・流通・セキュリティなどに生かされる時代に入った模様。
当社は、元々そして今も組込ソフトに強く、一方でクラウドやWebアプリ開発も得意と
しており、このIOTの波が大きなトレンドとして盛り上がってくることに期待している。

1/30からは当社の30期目に入ります。
30期を単なる年の経過ではなく大きな節目となるようこれからも益々頑張りたい。

--------
中嶋 勇
posted by ボス at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記