2014年11月09日

ベトナムへ行ってきました

この10/30〜11/3間の連休を利用してベトナムへ行ってきました。

NSA*1の主催により20社のNSA会員企業の経営者層の方々が一緒でした。
今回はベトナム現地でがんばっている中小IT企業を視察しNSA会員企業が
ベトナムへ進出もしくは現地企業へ仕事を発注、もしくは現地の学生を
採用することを調査し肌で感じることだと私は理解したが、私の中では
なによりもベトナム(に限りませんが)という国及びその国民性が書物
・ネット・マスコミのみで知らされている漠然とした憧憬や不安という
束縛から解放したい、そのためには現実・現物・現状を知る必要がある、
との思いから参加してみようと考えたわけです。

結果としては参加して良かった、何よりも私の心理の中でベトナムという
国民が一層近くなったし、より親近感が沸いてくるのを覚えたことでした。

旅程は次の通りでした。
10/30 羽田→ハノイ(飛行時間約5時間)
    ハノイ市内で行われている「JapanIT2014」に参加
10/31 ハノイ市内のIT企業と大学を訪問し意見交換
   ・ハーベィ・ナッシュ・ベトナム社訪問
   ・チンバン・アウトソーシング社訪問
   ・ハネルソフト社訪問
   ・ハノイ工科大学訪問
11/1 ハノイ市内を観光後ホーチミン市へ空路移動(2H程)
11/2 ホーチミン市内観光
11/3 ホーチミン市内のIT企業を訪問し意見交換
   ・インデビジュアル社訪問 ※日本人が経営
   ・JV-IT社訪問 ※日本人が経営
11/3 ホーチミン→成田(飛行時間約6時間)

特に印象的だったのは、ハノイ工科大学での現地学生20人ほどとの交流会
で、日本語を学んでおり日本に行って働きたいという技術系の学生だけが
集い、我々の到着を歓迎してくれて、双方から質問や意見が交わされ、
学生には日本語をしっかり習得することを伝え、学生からは日本への興味
や憧れの理由を聞き出せたことでした。このことを通してベトナム学生へ
の採用熱はさらにふくらむのではないかと思いを強く感じました。
それから、現地でがんばっているIT企業の日本人経営者と交流することが
でき、社内の職場風景を見学できたことです。
顧客との価格交渉を含む受注の苦労や社員の労務管理問題など、経営につ
きまとう難しさは日本と変わらないことなども知り得た収穫の1つでした。

とても有意義な5日間で、ツアーを企画されたNSAの諸兄方には感謝申し上
げる次第です。

*1 日本ソフトウェア産業協会という東京の中小IT企業の団体
http://www.nsa.or.jp/
--------
中嶋 勇
posted by ボス at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記