2011年10月21日

「生きる力」をつけるにはどうすればよいか

脳科学者の茂木健一郎の話が月刊誌に載っていた。

質問者:
「生きる力」はどこから出てくるのですか、また、その力をつけるにはどうすればよいですか。
茂木健一郎:
・私たちが「生きるエレルギー」をどう得るかという問題は、ほんの少しの工夫、心がけで、誰にでも解決できると信じている。
・まったく同じ現実に向き合っていても、なぜか前向きな人と後ろ向きな人がいる。その差は使っているエネルギーの絶対量にあるのではなく、その生き方のバランスの中にある。
いろいろなことについて考え、感じるときのバランスを、しなやかに、やわらかいものにすれば自然に生きる力が湧いてくる。
・「生きる力」をつけるためには、まずは自分の置かれている状況から逃げないことが大切です。どんなにみっともなくても、苦しくても、欠点だらけでも、とりあえずはそんな自分を受け入れる。隣の芝生が青いと思ったり、他人のせいにしたりしない。情けない自分の中に、どんどん下りていったときに、人は、その薄暗がりの中にかすかに輝く光を見いだすのです。それこそが、自分の「魂」とでもいうべきものです。
と。

人がいいほうに変わりたいと思うとき、もしくは自分が思い描くほうに変わりたいと思うとき、そのときにとる得る身近な手段は環境を変えることだ。引っ越しをする、彼氏彼女をつくる(又は別れる)、服装やヘアスタイルを変える、職場を変える、仕事内容を変える、友達を変える(増やす)、趣味趣向を変える、などなど。 環境を変えると一時は満足するし本人自身も変わったと錯覚する。 しかし、時が経つにつれて元に自分に戻っていることに気づく。 それはそうだろう。 本質の自分の内面があまり変わっていないからだ。

茂木健一郎氏のことばは、まずは環境を変えるよりも、生き方をちょっと変えてみる、という心の作用が大切だと言うことを教えてくれる。

--------
中嶋 勇
posted by ボス at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月13日

ISO継続審査合格

昨年に認証を受けたISO(ISO9001品質及びISO27001情報セキュリティ)の継続審査が、審査会社の審査員の来社で今週2日間にわたって行われた。
結果はもちろん合格だった。「おめでとうございます」と言われ、若干面はゆい気持ちにはなったが正直嬉しい。
数名の社員も現場を抜けだし審査対応にあたってくれた。有り難いことである。ISOを現場の仕事の他にも重要な別の仕事として認識してくれ、事前準備も含めて対応してくれたことに素直に感謝したい。
ISOの目的はいうまでもなく、顧客満足の向上である。次いで売上(利益)向上やコスト低減向上である。つまりISOの運用を効果的に推進することで経営の目標により近づけることを目指しているわけだ。
技術やサービスをビジネスの要としている当社としては、社員の技術力向上で生産性・品質の向上をマネジメントするISO9001、社内の情報資産を機密性・完全性・可用性を測定し維持運用しつつ、それら情報資産をさまざまな脅威から守る仕組みをマネジメントするISO27001、と2つのISOの運用を続けているが、そのためには飛躍的に聞こえるかも知れないが、要は社員教育であり、社員の育成・成長がもっとも大事であると思っている。
その意味でも既に当社の期首会議でも発表したように、今期は社員教育・育成に力をいれた1年としたい。
社員の成長が何よりも楽しみだ。これは多くの中小企業経営者の共通点だろう。

--------
中嶋 勇
posted by ボス at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記