2016年08月18日

スバル工場を見学してきました

7月28日は群馬県太田市にある富士重工(スバル)の自動車生産工場の見学会があった(主催:日本ロボット工業会)。

かねてより一度は我が国の基幹産業である自動車の生産される様を一度は見学したいと思っていたところ富士重工の
見学会の知らせがあり即座に申し込みをしての今回の運びである。

前日は札幌出張であったが、早朝から出かけ、13時には現地の工場での見学説明会に遅れず参加できた。
都内からは少し遠く電車を乗り継いで2時間半ほどかかった。

見学会は、
・群馬製作所の歴史、生産車種、出荷量などのビデオ上映
・生産工場の見学
・歴代の人気車種の展示会場見学
・質問会
の順に行われた。

私が一番面白く印象に残ったのは何と言っても車の生産工程そのものである。
まず、巨大な鉄板ロール(板厚0.8mm)をカッティングし車の外枠を作る工程、ガシャーンと切断の音が凄い。
車台(フレーム)を溶接する溶接ロボットがまるで巨大な人間の手と腕のように器用に動く様。
重い窓枠や外枠を軽々と持ち上げてフレームにはめ込むロボット。
そして、何より驚いたのは1台のレーンにいろんな車種のフレームが台数問わず入り混じりつつも正確に位置決めされ、寸部の狂いもなくコンピュータ制御されて進んで行く様であった。
まるで「千と千尋の神隠し」のシーンに登場する巨大な工場を彷彿させる。
そして、機械だけが働いているわけではなく、たくさんの工員も忙しくもテキパキとムダなく働いている。
まさに機械と人間の見事なコンビネーションである。

工場見学の後は展示室にて、往年のスバル名車を見学。
昔懐かしい名車がズラリ揃い、30車種くらいはあったかと思う。
日本のモータリゼーションを牽引してきた数々の名車に懐かしさもさることながら日本の技術の誇りを感じた。

当社も車にかかわるソフトウェアの開発に取り組んでいるが、目に見えないソフトが車と運転手を安全に誘導し走り運ぶという要を担う存在になってきていることを考えると、車の進化はまだまだ途上であるような気がする。

コンピュータがいくら進歩したとしても機械(ロボット)に使われる人間では無く、人間が機械(ロボット)を縦横無尽に使いこなしていく世の中は絶対に変えてはならないと思った1日であった。

--------
中嶋 勇
posted by ボス at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月10日

さわやかな気分

先月の27日は出張で札幌に行ってきた。その際のエピソードを1つ。

この日は羽田を始発のANA機で新千歳空港に飛んだ。
空港で乗り換えのJR電車に乗った。結構座席がすいている。
私が座ろうとした座席に”おや!”と思うものが落ちている。
見たらなんと、札幌市内の有名百貨店の店員さんの身分証明証だ(写真貼付)。
さて、これをJRに届けようか、はたまた、どうせ札幌市内に行くのだから直接届けるようかと、
迷っている内に電車が発車してしまった。
まー、札幌駅で渡せばいいかと思い、カバンに入れておいた。
が、札幌駅に着いたのは良いけど、出張の目的地の1つである某社に行く道順がわからない、しかもあまり時間がない。
意外にも地理に不案内の自分にいらだち、やむなくスマホのGoogleMapを頼りに歩き進む。
やっとの思いで目的地の会社に着き、ホッとした刹那、札幌駅に拾得物を届けるのを忘れたことに気づいた。
では、直接届けようと考え、訪問した社長さんとのミーティング後にその百貨店に向かった。幸い近い距離にある。
そして、百貨店の受付嬢に拾得時の状況を伝え拾得物を渡した。
私の名前を教えて欲しいとのことだったので名刺を渡した。
無事に本人の手元に戻るのを祈るばかりである。

東京に戻って2日後にそのご本人から私宛に電話があり丁重に御礼の言葉をいただいた。
私としては当たり前のことをしただけなのに御礼の電話までいただき、感激である。

身分証明書や入館証の紛失は結構あるようだが、このような事態は本人はもとより所属会社の組織にとってもインシデント(事故)とみなされ、事後処置がやっかいである。
幸い、今回は見つかって良かったが、多分ご本人も今後はしっかり自己管理していくに違いない。

そして、さらに数日後に、その百貨店からご本人名義で「白い恋人」が届いた。
ここまですることは無いのでは?、と思いつつ正直感謝された証としてありがたく社員でいただくことにする。

一服のやわやかな気分になれた札幌のいい思い出となった。

--------
中嶋 勇
posted by ボス at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月02日

32期がはじまりました

 当社の年決算期は7月末で、8月からは新しい期に入る。32期である。
毎年、この期の変わり目に期首会議と称する社内イベントを行っていて
今回は7月30日に市ヶ谷の健保会館で行った。
 土曜日であるが既に振替出勤日としてあるので全社員が参加である。

 内容は、社長の経営計画や方針の発表、事業部長による事業部計画、
担当する部署のマネージャー数名による計画発表である。
 社長を含め発表者全員の計画は、前期を振り返り、そのの評価や反省を踏まえ、
今期としてやるべきことやりたいことを交えての方針と計画であり、
おしなべて成長と拡大をにらみつつ質的向上を図ろうとするものだ。

私の発表の要旨は、
 経営理念
  「パイオネット・ソフトは夢を与える技術の創造をとおして社会に貢献し続けます」
 経営ジョン
  「PIONETブランドを高め広め、社会に尊敬される100年企業になります」
 行動指針
  ● よく考える・先をみる
  ● できると思う・できるまでやる
  ● いききと仕事を楽しむ
 32期経営方針
  「攻めて、攻めて、攻・め・ま・く・る」
である。

シンプルだが、こういう考えで永続する企業を目指したい。
--------
中嶋 勇
posted by ボス at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記